パンガン島の安宿(ホテル)はABCバンガローでいいんじゃない?セブンイレブンも近いし
4.9 (98.3%) 106 votes

どうもみなさんおはこんばんにちは!パンガン島に滞在してもうすぐ2週間になろうとしています。滝を観に行ったり、ビーチで犬に追いかけられたり。穏やかな気候と温厚な人々がとても気持ちよく、ビザが続く限り滞在してしまいそうです。

パンガン島で安宿・ホテル探しはアゴダ

貧乏バックパッカーは自分の足で安宿を探し回り、自分が納得できる価格で設備が提供されている安宿を発見すると、旅人経験値が上がった気になります。

水道も電気もないような地域で安宿を探すには、いままで通り地道にかかとを擦り減らすしかありませんが、電気が通っている地域では「世界中のホテルを最安値で検索できる」アゴダが便利です。

写真をクリックでABCバンガローのページが見れます

 

 

今回ぼくが宿泊したパンガン島のABCバンガローもアゴダで見つけたもので、アゴダでパンガン島の宿泊施設を検索すると700件以上のホテルが見つかります。

パンガン島の安宿は300バーツ(約1000円)が最低価格ラインです。

現地価格とアゴダ価格は違う

ぼくが強くアゴダを勧める理由は、現地価格よりもアゴダで予約・支払いをする方が安いからです。

例えばABCバンガローの現地価格は1日300バーツですが、アゴダ価格では186バーツです(フルムーンパーティー時期は300バーツに近くなります)。

写真クリックでABCバンガローの室内写真が見れます

 

ABCバンガロー in パンガン島

ABCバンガローの最大のオススメポイントは「個室が安い!」ということです。シーズンでない時期は、個室のバンガローが200バーツ以下で借りることができます。

また、セブンイレブン、レストラン、レンタルバイク屋、ガソリンスタンド、プライベートビーチが徒歩15秒圏内にあります。

15秒圏内です。

立地は最高ABCバンガロー

 

セブンイレブン

タイ国内ならどこにでもあるセブンイレブンは日本食も売っています。サバの照り焼き丼や豚骨ラーメン、どんな料理にもあう半熟玉子なども重宝します。

タイのローカルショップなどで売っているものと、セブンイレブンで売っているものの価格はほとんど変わりません。日本だとコンビニは高いイメージがありますが、タイはそうでもないです。

タイ国内のセブンイレブンは基本的に24時間営業なので、急なときに便利です。

レストラン

LifeStyleというレストランがあります。50バーツからローカルタイフードやバーガーなどの洋食、新鮮なサラダやフルーツジュースがあり、ぼくは毎朝ベジタブルサラダ・ウィズ・エッグとパパイヤヨーグルトシェークを頼みます。

パッタイとサラダ。サラダにはマヨネーズと油がついてきます

このレストランでは鶏を買っているので、卵料理が新鮮でとても美味しいです。

色々な種類のサラダやカレーが人気で、マッサムなんとかカレーを食べましたがすごく美味しかったです。濃厚で辛すぎず優しい感じがします。海で泳いで疲れた体には嬉しいですよ!

火が通りきっていない野菜の歯ごたえが美味しい!

一つ残念なのは塩気が強すぎるという点です(事前に塩を少なめにしてと伝えましょう)。

ワイファイもビュンビュン速いですよ!ダウンロードが約20Mbpsにアップロードが約10Mbpsでした。

レンタルバイク屋

パンガン島のレンタルバイクは1日250バーツからというのが基本のようです。

ぼくが借りたこちらのレンタルバイク屋さんは家族経営のようで、雰囲気の良いご夫婦が対応してくれます。

何日か借りる場合は200バーツまでまけてくれます

ガソリンスタンド

パンガン島ではガソリンスタンドが少ないので、バンガローの近くにあるというのは助かります。でも安心してください。パンガン島の至る所で瓶詰めのガソリンが売っているので、突然のガス欠を心配する必要はないかと思います。

プライベートビーチ

ABCバンガローはすぐ横がビーチになっています。ビーチの砂は貝殻やサンゴ礁、綺麗な石が砕けたものなので小さいですが、想像よりはゴツゴツとしています。気持ちの良い足裏マッサージという感じです。ビーチの砂をすくって見てみるだけでも、1時間潰れるくらい飽きません。本当にキラキラして綺麗です。

あまりにも綺麗だったので落ちている貝やサンゴ礁を拾ってオブジェを作ってみました。自然物はその存在だけでもオブジェになるのが素晴らしいですね!危うく自分がガウディになれるのでは?などと勘違いしてしまいました。そのくらい自然物の芸術としての完成度は高いですね。

拾ったものを適当に落とすだけで完成度の高いアートに

 

ちなみに巻貝などは上から見ると黄金比によって作られているのがわかります。これは対数螺旋・ベルヌーイ螺旋とよばれるもので、自然界によくみられるものです。隼が獲物に近づくときも対数螺旋を描いて滑空します。

ABCバンガローにあるプライベートビーチはビーチから100〜200mくらいは浅瀬です。さらに晴れている日は海水が温水プールくらい温かくなります。半身浴をするのも良いですし、歩いてどこまでも行けるので海の中を散歩するのも面白いですよ!ぼくは1時間ほど半身浴をしながら、明後日の方を向いて明後日のことを考えていました。

また、干潮になると浅瀬の部分が顔を出します。こうなると現地人が潮干狩りを始めます。アサリのような貝がたくさん採れるのですが、レストランなどでこの貝料理を見かけないのでローカルフードなんだと思います。

パンガン島ビーチでの注意事項

パンガン島に限らず、どの海でも危険なものは存在します。パンガン島周辺にはウニが多数生息していて、毒を持っています。刺されると激しい痛みとともに紫色に腫れ上がることがあります。刺されたことに気づいたらレモンやライムなどのクエン酸を含む柑橘系の汁を患部にかけてトントン叩きましょう。ウニの毒が不活性化します。

また、現地人に聞いたところではウニは捕獲禁止とのことです。あさりサイズの貝やもっと小さな貝は捕獲して食べても問題ありませんが、「ウニはやべー。パクられるぞ」と言っていたので気をつけましょう。

5つの青い模様が綺麗な毒ウニ。見た目が痛々しい。

クロックスなどの靴を履いて泳ぐのが良いかもしれません。

この注意事項にはあえて「ゴミは持ち帰りましょう」とは書きません。

Wi-Fi

ABCバンガローのWi-Fiは部屋によって速度が変わるようです。ぼくが宿泊したのはファン付きバンガローの一番安い部屋でしたが、Fortniteがプレイできるほどだったので、一般利用には問題ありません。

フォートナイト

Epic Games無料posted withアプリーチ

 

ABCバンガローまとめ

パンガン島に着いてからいくつかのバンガローを見て回ったのですが、セブンイレブン、レストラン、レンタルバイク屋、プライベートビーチが徒歩15秒圏内にあってなおかつ低料金の個室はABCバンガローだけでした。

1泊400〜600バーツ出せるならもっと素敵なバンガローがたくさんあると思いますが、300バーツもしくはそれ以下で宿泊するならABCバンガロー一択で良いと思います。そのくらい立地が良いです。

ABCバンガローは家族経営っぽい感じで、受付にいる方が落ち着いてさらににこやかでとても印象が良いです。英語も話せるので困ったことがあれば彼に相談しましょう。

SNSで人気の記事