どうもみなさんおはこんばんにちは。最後にいつ夕日を観ましたか?カンボジアの夕日はこんな感じです。

世界中どこで観ても夕日は美しいですね!

 

ところでこの美しい夕日の下にある遺跡がなんだかわかりますか?

カンボジアで日本語ガイドを雇うべき3つの理由

カンボジアで最も有名な遺跡がシェムリアップにあるアンコールワットです。みなさんが知っているカンボジアの遺跡はアンコールワット以外にどのくらいありますか?ラピュタのモデルになったと言われるベンメリア遺跡は知っている方もいるかもしれません。

理由1

なんとアンコール遺跡群に含まれる遺跡は全部で40を超えます。アンコールワットは世界遺産である「アンコール遺跡群」の中の1つに過ぎません。10世紀中頃から13世紀初頭にかけての遺跡群がシェムリアップに広がっているんです。Wikipediaでそれらの遺跡を1つ1つ調べてカンボジアの遺跡巡りコースを決めるのも楽しいかもしれませんが、時間に余裕がない限り難しいですよね?

現地人の日本語ガイドを雇えば、「アンコール遺跡の中でも主要なもの」または「自然や景色が映える遺跡」などのオーダーが日本語でできます。さらに、各遺跡がどのようなものなのかをしっかりと日本語で説明してくれるので、時間の節約になります。

理由①
時間の節約になる!

理由2

次にカンボジアのトゥクトゥクドライバーは日本語はもちろん英語がわからない方がほとんどです。

先日滞在先ホテルの前にいたドライバーに英語で「トンレサップ湖に行きたんだけど」と言ってもなかなか理解してくれませんでした。Just とかHave look to~ とかもわからないらしく、こちらの希望を伝えても全然違う答えが返ってくるということがよくあります。それなのにとりあえずトゥクトゥクを発進させようとします。全然違うところに連れて行かれてドライバーと喧嘩したなどという話も聞きます。トラブルになる可能性があるので、意思の疎通がしっかりとできないドライバーより日本語を話せるガイドの方が安全です。

理由②
トラブルを避けるためにも日本語ガイドが安心!

理由3

最後は時間の節約にかぶるところもありますが、カンボジアを深く知るためには、やはり日本語を話せる現地人に聞くのが一番です。遺跡間をトゥクトゥクや自動車で移動するときに多くの興味深い光景を目にするでしょう。その時に意思疎通ができないドライバーだとカンボジアについて知ることができません。せっかくカンボジア旅行に来たのですから、正しい知識を身に付けた日本語を話せる現地人ガイドを雇って、知りたいことはなんでも質問してください!

理由③
カンボジアを深く理解できる!

 

カンボジア日本語ガイド チャナサー

カンボジアだからといって、日本語ペラペラのガイドが1日50ドルで雇えるわけではありません。そもそも外国人から見ると日本語は複雑で習得が難しいものです。日本語を話せる現地人は他の言語を話すガイドよりも希少性が高いんです。でもここはカンボジアなので値引き交渉には気軽に応じてくれるかもしれません。試してみてください!

 

 

カンボジアの遺跡観光で$200払ってでも日本語ガイドを雇うべき3つの理由
5 (99.82%) 113 votes

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

SNSで人気の記事