トランスファーワイズの口座開設と送金(両替)方法【画像付き】

更新日:


トランスファーワイズの口座開設は10分程度で完了します

まずはお手数ですが、トランスファーワイズ(TransferWise)の公式サイトを開いてください。

下記のURLをクリックすると、公式サイトが別タブで表示されますので、こちらのページと交互に見ながら進めていきましょう。

トランスファーワイズ公式サイトURL

 

トップページ右上の口座を開設するボタンをクリックして、メールアドレスとパスワードを入力

まずは画像のように口座開設ボタンをクリックしましょう。

 

クリックすると下の画像のような、メールアドレスとパスワードの入力用ポップアップが現れますので、普段使用しているメールアドレスとパスワードを入力してください。

注意
注意:トランスファーワイズはお金を扱うものなので、必ず連絡の取れるメールアドレスを使用しましょう。


Facebookでも登録できるようです。すごいですねFacebook。身分証がわりですか?笑

 

ステップ① 送金する通貨と金額を指定して 次へ ボタンをクリック

次のページでは、送金する通貨と金額を指定することができます。

とりあえず口座だけ開設したい方は
口座の開設だけでまだ送金はしないよという方は、日本円を選択し、適当な金額を入力して先に進みましょう。
日本円を選択する理由は、後で送金先の口座を入力する必要があるからです。その時に実在する口座情報を入力する必要があります。
海外銀行の口座をお持ちの方は、その国の通貨を選択することができます。
トランスファーワイズにお金を送金しない限り、取引を進められることはありませんし、この手続きを終える頃にキャンセルができます。もちろんキャンセル料などはかかりません。

着金予想日時が「明日の午後」。速いですね笑

 

ステップ② 個人の送金か法人の送金か選択する

誰かの代理としてトランスファーワイズを利用することはできません。友達に頼まれたとしても丁重にお断りしましょう。

個人の方は個人口座、法人の方は法人口座を選択してください。

 

今回は個人口座を選択して進めていきます。

ステップ②続き 氏名などの情報を入力し 次へ ボタンをクリック

ステップ②の続きは、個人情報の入力画面になります。画像のように正確に入力しましょう。氏名は半角英字を使用します。日本語入力はできません。

注意
銀行などと同じように、最終段階で本人確認用書類の写真を送信する必要があります。ここで入力する氏名や住所は、送信する予定のパスポート、免許証または公的機関発行の書類に記載されている氏名と住所を入力しましょう。

 

入力する電話番号ですが、国番号(日本なら+81、オーストラリアなら+61)のあとは頭の0をとった番号を入力します。

0412527845の場合は国番号 +61 の後は412527845となります

 

ステップ③ 送金先を選択して送金先の情報を入力、本人確認書類を送信

今回は自分自身を選択して先に進みますが、友人や家族、応援している慈善事業などに送金をされたい方は、相手先がペイパルアカウントなどを保有していれば、メールアドレスと相手のフルネームを入力するだけで送金が可能です。

 

送金先を選択すると、送金先情報の入力画面がポップアップで開きます。画像の通りに正確に入力し、 確認 ボタンをクリックしてください。

注意
日本の銀行宛に送金する場合は、口座名義人の欄にはカタカナで名前を入力します。半角英字などで入力すると、送金完了までに時間がかかってしまうことがありますのでお気を付けください。

 

ステップ③続き 本人確認書類の送信

正しい口座情報の入力が完了すると下のような画面になります。本人確認を開始ボタンをクリックして先に進みましょう。

注意
パスポートの顔写真があるページ、または運転免許証の表面と裏面の画像が必要になります。

 

本人確認を開始ボタンをクリックするとポップアップ画面が開かれます。指示通りに手続きを進めていきましょう。

免許証の場合は表面と裏面の2枚の画像が必要となりますので、事前に用意しておきましょう。

手続きが完了すると、画像にある画面が表示されます。これで本人確認書類のアップロードは完了です。登録メールアドレス宛にトランスファーワイズからメッセージが届きますので確認してください。

注意
書類のご確認に、1‐2営業日程度お時間を頂戴しております。完了し次第メールにてお知らせいたしますが、ご送金のお手続きはそのまま進めることが出来ます。但し、シシナイ コウキ様の口座へご入金となるのは、この確認が完了し次第となります。
送金が可能になるのは、トランスファーワイズ側で本人確認書類の認証が完了してからです。これには1−2営業日かかりますので、資金の送金(両替)は計画的にしましょう。
口座開設はこの時点で完了です。
本人確認書類を送信したら、この時点で口座開設に必要なものは全て完了です。 このまま送金手続きを進めたい方は続きをお読みください。後で送金したいという方は、この時点でブラウザを閉じても問題ありませんが、忘れないようにブックマークをお願いします。トランスファーワイズにログインすることで、送金手続きを再度進めることが可能です。

 

ステップ④ 送金内容の確認

 次へ ボタンをクリックすると送金内容の確認が表示されます。この時に送金する資金の到着予定日も確認できます。

確認が済んだら、 確認 ボタンをクリックしましょう。

チェック! 48時間の為替レート保証とは?
トランスファーワイズでは、為替の急激な変動に対応するために、送金申し込みをした時点での為替レートが保証されるようになっています。
これは送金の申し込みから48時間以内にトランスファーワイズへ資金を振り込んだ場合のものです。48時間以上経過すると、為替レートが変動する場合がありますが、それでも純粋な為替レートを使用しているので、世界最安のものとなります。

 

ステップ⑤ 送金する資金のトランスファーワイズへの振込方法を選択する

 

 

ネットバンキング決済

ネットバンキング決済を選択すると、私が住んでいるオーストラリアではPoliという簡単決済が利用できます。振込手数料無料で利用することが可能なので、オーストラリアのワーキングホリデー中の方はネットバンキング決済をオススメします。

日本在住の方は、通常のネット振込になるのでしょうか?未確認です。申し訳有りません。

オーストラリア・ニュー・ジーランドではメジャーな決済方法

 

デビットカード・クレジットカード決済

カード系決済は、カード会社特有の手数料がかかることがあります。平均的には利用金額の2〜3%でしょうか。あまりオススメできない振込方法ですが、私たちが最も使い慣れている決済方法なので、選択の余地はあります。

 

注意
送金元の通貨と同じ通貨を使用しているカードを利用しましょう。為替手数料がかかりません。

 

銀行振込

日本の銀行振込では、振込手数料無料などの銀行があります。ジャパンネット銀行の月○回まで無料、だとかそういうものを利用するとお得に振込ができます。

 

やっぱり今日は送金しない、日を改めて送金する

日を改めて送金するという方は、送金方法選択画面の左下にある 送金手続きを取り消す ボタンをクリックして送金手続きを終了しましょう。

 

終わりに

以上でトランスファーワイズ(TransferWise)の口座開設と送金(両替)手続きのご説明は終了です。

多くの人ができるだけ安く資金を移動することができれば、浮いたぶんだけ他のことに大切な資金を使うことができます。トランスファーワイズ(TransferWise)は欧米ではすでに知られていますが、日本を始めとするアジアではまだあまり知られていません。

トランスファーワイズ(TransferWise)を知ったあなたが、大切な友人や家族にトランスファーワイズ(TransferWise)の存在を伝えてくれれば、世界の金融事情は今よりももっと良いものへ変わっていきます。

一人一人の行動が、世界をより良い未来へと変えていくことができるのです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【関連記事】
トランスファーワイズに出資しているサー・リチャード・ブランソンってどんな人?

トランスファーワイズに出資しているピーター・ティール氏ってどんな人?

 

 

いいね!してFacebookで
お知らせを受け取る

-TransferWise, インターネット, オーストラリア-ワーキングホリデー, ガトン【Gatton】, タスマニア【Tasmania】, タスマニアチェリーパッキング, タスマニアチェリーピッキング, テクノロジー, トランスファーワイズ, ボーウェン【Bowen】, メルボルン【Melbourne】, ワーホリで必要なもの, 金融

Copyright© , 2017 AllRights Reserved.