トランスファーワイズで賢く両替!個人も法人も使える海外送金サービス

更新日:


トランスファーワイズ(TransferWise)とは?

世界最安値で両替ができる

トランスファーワイズは、ターベット・ヒンリクス(Taavet Hinrikus)とクリスト・カールマン(Kristo Käärmann)という2人のエストニア人がイギリスで創業した、『海外送金サービス』です。2人は個人的な事情で、片方はポンドをもう片方はユーロを必要としていましたが、通貨を両替する際に手数料がひどく高いことに気づきました。

空港などで目にする銀行や両替所でも、独自の為替レート(裏レートとも呼ばれる)が上乗せされていますので、ウェブ上で確認した為替レートとかけ離れていて、驚いたことはないですか?

トランスファーワイズはウェブ上で公開されている純粋な為替レートを使用している

このことを知った2人は、ポンドとユーロの両替を、Googleなどのウェブ上で公開されている為替レートで互いに両替し合うことで、本来であれば銀行に支払う為替手数料を安く抑えることに成功したのです。

この経験から2人は、「この方法で通貨を交換したい人は世界にたくさんいるはずだ」と考え、トランスファーワイズを共同で創業することになりました。
そのため、トランスファーワイズで両替する際に使われる為替レートは、ウェブ上で公開されている純粋な為替レートのみとなっています。

この点が、銀行や両替所との最大の違いで、トランスファーワイズは独自の為替レートを設定して利益を得ることをしていないので、どこよりも安く通貨の両替ができるのです。

関連記事>>>トランスファーワイズ(Transferwise)でどのくらい両替手数料が安くなるの??

トランスファーワイズの安全性と信頼性

トランスファーワイズは英国に本社を置き、日本ではトランスファーワイズ・ジャパン株式会社を2014年6月に設立しています。

■ 英国本社
会社名: TransferWise, Ltd.
設立: 2010年3月
所在地: 186-188 City Road, London EC1V 2NT
共同創業者: ターベット・ヒンリクス(Taavet Hinrikus)  クリスト・カールマン(Kristo Käärmann)
資金調達: USD 117 Million (約117億円:2016年9月現在)
株式: 非公開
従業員数: 約600名
登録免許など: 英 金融行動監視機構(FCA)、米 財務省金融犯罪取締ネットワーク(Fincen)、加 金融取引報告分析センター(Fintrac)、豪 金融サービスライセンス(AFSL)、香港 C&Ex(Collection and Exchange)
拠点: ロンドン(本社)、ニューヨーク、タンパ、タリン、ブタペスト、チェルカースィ(ウクライナ)、シドニー、東京

■ 日本法人
会社名: トランスファーワイズ・ジャパン株式会社
設立: 2014年6月
所在地: 〒100-0005 東京都千代田区丸の内一丁目3番1号
東京銀行協会ビル14階 FINOLAB内
代表取締役: 越智 一真(おち かずま)
資本金: 1,325万円
事業内容: 外国為替及び資金移動業の実施等送金サービスの提供、前号に付帯する一切の業務
加入団体: 関東財務局長第00040号 一般社団法人日本資金決済業協会第1種会員

上記の会社情報をみてわかる通り、トランスファーワイズは各国政府から認可を受けて運営されているため、その安全性と信頼性は、各国政府から認められています。

またペイパル(PayPal)の創業者で、Facebookの初期投資家でもあるピーター・ティール氏や、英国のリチャード・ブランソン氏(バージングループ創業者、宇宙旅行ビジネスで有名)、ベンチャーキャピタルのアンドリーセン・ホロウィッツ氏(米国シリコンバレーの代表的な投資家)などが出資しており、第一線で活躍する多くの著名なビジネスマンが、トランスファーワイズ純粋な為替レートを適用するというビジネスモデルに大きな期待を寄せています。

次ページ>>>トランスファーワイズ(Transferwise)でどのくらい両替手数料が安くなるの??

 

いいね!してFacebookで
お知らせを受け取る

-TransferWise, インターネット, オーストラリア-ワーキングホリデー, ガトン【Gatton】, タスマニア【Tasmania】, タスマニアチェリーパッキング, タスマニアチェリーピッキング, テクノロジー, トランスファーワイズ, ボーウェン【Bowen】, メルボルン【Melbourne】, ワーホリで必要なもの, 金融

Copyright© , 2017 AllRights Reserved.