中国人が嫌いな日本の皆様へ。

更新日:


どうもみなさんおはこんばんにちは。ただいま中国の上海に滞在中です。

img_0671-2

 

中国は毎年10月1日の「国慶節」(コッケイセツ)という祝日を皮切りに、約1週間ほどの大型連休に入ります。
この「国慶節」は日本でいう建国記念日。1949年10月1日に毛沢東主席が北京の天安門前広場で「中華人民共和国中央人民政府は本日ここに成立した」と宣言したのが「国慶節」の始まりとのことです。

mao_zedong_portrait

僕はこの国慶節を見学しに来たわけではなくて、たまたま来中と国慶節が被っただけなのですが(上海に来てから国慶節の存在を知った)、僕の彼女(中国人)曰く「いまは国慶節だから、安易に自分が日本人だということを中国人に伝えたらダメよ。ボコられるわよ」って言われました。笑

みなさんご存知の通り、中国人の中には日本人が大嫌いな人が大勢いるんです。もちろん国籍なんて関係なく、常にフレンドリーな中国人もたくさんいますが、日本でいう右翼みたいものでしょうか?そういう偏った思考をしている中国人も多く存在します。

 

あなたは中国人が嫌いですか?

お恥ずかしいことに僕が20代前半の頃は、中国人に対してあまり良いイメージを持っていませんでした。

青龍偃月刀(セイリュウエンゲツトウ)にラーメンマンみたいな三つ編みのヘアースタイル、すぐ怒る、語尾に「アルヨ」ってつける、とりあえずなんでもパクっちゃう、そしてパクリはオマージュ(尊敬、敬意)って言っちゃう、など散々なイメージしか持っていませんでした。

だけど今では完全なる親中派です。

彼女が中国人だからっていうのが理由ではありませんよ。物事を知れば知るほど視野が広がって、人種差別だとかが無くなっただけです。なので親中派というよりは、世界中の全ての出来事を理解しようと努めているという感じです。

ですので、「俺(私)は中国人が大嫌いだ!」なんて言ってる人をみかけると、「かわいそうに、教養が足りてないんだね」って思います。だって以前の僕がまさにそうでしたから。

物事を偏った見方しかできない人は自分を恥じるべき

「中国人が大嫌いだ!」って言ってる人の中には、十分な教養を身につけている人も大勢います。そういう人たちがなぜ偏った言動をしているかというと、こういう国家間の問題というのは非常にデリケートで難しいものが多いので、敢えて言わざるをえないという場合があります。

例えば領土問題であったり、政治的にそうせざるをえない立場にある人は、多少偏った発言をしなければならない時があります(選挙で勝つことも視野に入れて)。

だけどそういう立場にある人間の発言をそのまま受け入れてしまい、自分の頭では考える努力をしないアホが世の中にはたくさんいます。

なぜそんなアホが世の中にたくさんいるかというと、人間が最も言いづらい(認めづらい)ことは「私は知らない(無知)」ということだからです。

無知な人は自分が無知だということを認めたくないので、ある問題について意見を求められた時に、どこかで小耳に挟んだ誰かの発言をそのまま口にしてしまうことがあります。

その小耳に挟んだことの真意や本質について考えることが大切なのですが、アホだから考えることを忘れてしまっている。

そう、アホなんです。

関連記事→他人を嫌いになる前に考えるべきたった一つのこと

だけどやっぱり中国人はすぐパクるし人としてどうなの?

中国といえば有名ブランドのコピーが大量に出回っていることで有名ですよね?
中国のある街に行けば、有名ブランドのコピー商品の完成度によって、SやAなどのランクがつけられるなど、ある意味で成熟した市場があります。

数年前には、例のネズミがいる世界一有名なテーマパークのコピーが現れた!なんてニュースもありました。
それを見て、日本人の多くは失笑していたのではないでしょうか?
もちろん僕もその一人でした。

パクリなんて自分たちがオリジナリティを持っていないからでしょ?
パクリについて恥ずかしいと思わないなんてどうなの?

もちろん、例のネズミの着ぐるみを丸々パクってそれを商売にするのはあまり良いことではありません。ネズミのオリジナルを作ったウォルト・ディズニーの功績に傷をつけるようなものですからね。

ですがみなさんご存知でしたか?我々日本人こそパクリの天才だった過去があるという事実を。

1、そもそも漢字って中国から来たものでしょ?
2、不二家のペコちゃんは米国ゼネラルフーズのメリーちゃん
3、北斗の拳はブルース・リーがモデル
4、スターウォーズを丸パクリした「宇宙からのメッセージ」という邦画

挙げればキリがないのでこの程度でやめておきますが、日本人はパクリの天才です。日本人の多くが持っているiPhone。あれもApple以外の会社が発明した特許を寄せ集めた、悪く言えばパクリ。

国や人々が歴史の過程で成長をするには、世界中から良いものをたくさん取り入れて、それを自分たちのものにしてしまうというのが、最も有効な手段の一つです。

なのでパクリ大国中国を笑うよりもするべきことは、中国の吸収力、技術の発展などに目を向けて、我々はその上を行くということを考えなければいけません。

「チャイニーズはパクってばっかでアホだなぁ〜」なんて言ってる人は、すでに時代の流れから取り残されています。さようなら。

人種とか国籍で人間をひとまとめにしてみるのはもうヤメにしよう

日本人の中にも気難しい人とそうでない人がいるように、人間は人それぞれ性格が違います。

もちろんその国で生まれ育った人間が、その国の文化から影響を受けるのは当然のことです。文化の違いに戸惑うこともあるかもしれませんが、相手の国の文化を受け入れることができない、視野の狭い人間にはなりたくないですよね?少なくとも僕はそうはなりたくない。
あらゆる国のあらゆる文化を拒絶しないことこそが、本当の意味でのグローバル化なのではないでしょうか?

 

世界中の人間が決断すれば、世界は変わります。

関連記事→他人を嫌いになる前に考えるべきたった一つのこと

生まれたときから、肌の色や育ち、宗教で他人を憎む人などいない。人は憎むことを学ぶのだ。もし憎しみを学べるのなら、愛を教えることもできる。愛は、憎しみに比べ、より自然に人間の心にとどく
No one is born hating another person because of the color of his skin, or his background, or his religion. People must learn to hate, and if they can learn to hate, they can be taught to love, for love comes more naturally to the human heart than its opposite

ーー南アフリカ共和国第8代大統領 ネルソン・マンデラ

 

自由への長い道―ネルソン・マンデラ自伝〈下〉

ネルソン マンデラ 日本放送出版協会 1996-06
売り上げランキング : 200285

by ヨメレバ

いいね!してFacebookで
お知らせを受け取る

-ワーホリで必要なもの, 哲学的だな!, 恋とか愛とか。, 読書

Copyright© , 2017 AllRights Reserved.