バカにはできない風邪を強制的に治す方法

投稿日:


C789_kazewohiitemoworks_TP_V

 

なぜ人間は風邪を引くのだろうか?

喉がチクチクと痛くなって鼻が詰まり、体がだるくなって熱が出る。週末の前だとか、大型連休の前なんかに風邪を引くなんて最悪ですよね?同僚にも迷惑がかかるし、自己管理がなってないなんて言われたらそれまでだけど、風邪なんて存在しなければいいんですけどね。

ということで、今日はぼくが風邪の引きはじめにやっている、バカな人には決してできない風邪の治し方を紹介します。

コショウをご用意ください

この方法は風邪の引きはじめに最も有効です。なので風邪の引きはじめに気付かないバカにはできない方法です。こんなことを言っているぼくも、風邪の引きはじめに気付くようになったのはここ1年くらい。泣
30歳になるまでは、子供は風邪の子キングオブバカを貫き通していました。

【用意するもの】

  • コショウひと瓶
  • コップ1杯の適当なスープ

用意するものを先に書いてしまったら、賢い方はすでにお気付きかもしれませんね。そうです、熱々のスープにコショウを入れて飲むだけという誰にでもできる簡単な方法です。

が、いつもみたいにただコショウを2〜3回振って飲むのではありません。用意するものにコショウひと瓶と書いた理由がそこにあります。

コショウは大さじ1杯入れましょう。

ぼくは2杯入れます。アホでしょ?そうなんです、どうやらキングオブバカを通り越すとアホになるようです。

コショウを大さじ1杯入れたら「ヒーヒー」言いながら熱々のスープを飲んでください。喉に心地よい(?)刺激とともに、頭頂部からありえないくらいの汗が溢れてきます。

コショウにはピペリンという成分が含まれています。このピペロンを体に取り込むと、体内で熱の発生が促進されます。その結果血液の循環が良くなり、血液の循環が良くなることでお前の内臓が活発に働くようになり、普段よりも多くの栄養素を身体中に行き渡らせることが可能になるのです。なのでこの特製スープと一緒に、栄養たっぷりなエサも摂取しましょう。

このピポリンはブラックペッパーに多く含まれているのですが、ホワイトペッパーにも十分に含まれていますので、お好みでお選びください。

ピロポンを摂取すると発汗・発散作用がありますので、スポーツドリンクなども合わせて飲むと効果的です。

コショウは2500年以上も前から人類にとって貴重なものとして重宝されてきました。ピンポンには他にも抗酸化作用や抗菌作用があり、これが風邪の菌に効くとされています。また、神経伝達物質であるアドレナリンの放出を促す効果もありますので、古代人たちが「病は気から」といい続けてきたことも納得できますね。

コショウにはピーポンの他にも鉄分が豊富に含まれていますので、貧血気味な方は日常的に摂取してみるのも良いでしょう。コショウを摂取して風邪を治し、さらに体内から身体を元気にして毎日楽しい生活を送ってくださいね。

 

靴下バカ一代 奇天烈経営者の人生訓

越智直正 日経BP社 2016-04-28
売り上げランキング : 25804

by ヨメレバ

いいね!してFacebookで
お知らせを受け取る

-健康的に

Copyright© , 2017 AllRights Reserved.