クラウンカジノをやっつけろ!カジノ攻略法を実践してみたinメルボルン

      2017/05/21


どうも皆さんおはこんばんにちは。人生初カジノに行ってきました!

どうせカジノに行くなら嫌な思い出は残したくない!できれば勝って良い思い出にしたい!と考えるのは普通だと思います。
「俺はカジノに行って有りガネ全部スッてくるぜ!」なんていう清々しいまでのバカにはなりきれませんよね?

ということでカジノで勝つ確率を最大限まで高める方法をお教えします。

IMG_0573

カジノで勝つならルーレット!

ぼくはルーレットで勝つ方法しか知りませんのでルーレットの説明をしますね!
ポーカーとかブラックジャックのカウンティングとかで勝ちたい方はこちらの本を読んでみてください。そして本の内容をぼくに教えてください。

問題解決のための数学―わかる!確率・統計・戦略

木下 栄蔵 日科技連出版社 2014-02
売り上げランキング : 916794

by ヨメレバ
カードカウンティング入門 (カジノブックシリーズ)

オラフ・ヴァンクラ博士,ケン・フクス パンローリング 2011-12-09
売り上げランキング : 148449

by ヨメレバ

ルーレットはヨーロピアンルーレットだけをプレイする

ルーレットにはアメリカンやヨーロピアンなどいくつか種類がありますが、勝つためにはヨーロピアンルーレットです。

IMG_0567

 

【アメリカンルーレットとヨーロピアンルーレットの違い】

アメリカン 00、0〜36までの38種類の数字がある
ヨーロピアン 0〜36までの37種類の数字がある

アメリカンルーレットの方がヨーロピアンルーレットよりも『00』という数字が1つ多いんです。

この違いがあるだけで確率がかなり変わってきます。

ルーレットで勝つ確率を最大限まで高めるコツは、赤か黒のどちらかだけにBETすることです。
ヨーロピアンルーレットだと赤or黒に賭けて勝つ確率は「18/37*100=48.64%」になります。
アメリカンルーレットだと「18/38*100=47.36%」となりますので、その差は1.28%にもなります。

なので勝つためには断然ヨーロピアンルーレットの方が有利です。

マーチンゲール法

マーチンゲール法ってのがあります。これは当たるまで掛け金を倍々に増やしていく、という方法です。

1ドル賭けて外れたら次は2ドル、また外れたら4ドル、8ドル、16ドル。

赤or黒に賭けて当たれば配当は2倍です。

回数 掛け金 外れた場合の損失金額 当たった場合の元金
1ドル −1ドル +2ドル
2ドル −3ドル +4ドル
4ドル −7ドル +8ドル
8ドル −15ドル +16ドル
16ドル −31ドル +32ドル

上記の表をみてわかる通りに、連続して外れても賭け金を倍々にしていけば当たった時に必ず1ドルプラスになります。

マーチンゲール法ってのは少額の利益を積み重ねていく方法ということですね!

マーチンゲール法の問題点

ただこのマーチンゲール法にはいくつか問題があるんですね。
賭け金を倍々にしていくっていうやり方は、連続して外れた場合、あっという間に金額が大きくなるということです。

回数 賭け金
1ドル
2ドル
4ドル
8ドル
16ドル
32ドル
64ドル
128ドル
256ドル
10 512ドル
ここまでに必要な資金合計 1,023ドル

10回連続で外れたら10回目は512ドルの賭け金で、さらにここまでに必要な資金は1,023ドルになってしまいます。
11回目には賭け金が1,024ドル、12回目には2,048ドル。必要な資金は4,000ドルを超えます。

もちろんカジノ側も、マーチンゲール法なんて使い古された戦略は知っているので対策はしているようです。
それがマックスBETと呼ばれる賭け金に対しての上限ですね!
例えば今日ぼくが人生初挑戦したルーレットは、ミニマムBETが2ドル50に対してマックスBETが1,000ドルでした。
だから資金の続く限り永遠にBETができる訳ではないのです。

連続して赤or黒が出続ける確率

ところでルーレットで赤or黒が連続して出続ける確率はどのくらいあるのでしょうか?
表にしてみましたのでご覧ください。(わかりやすくするために「0」が出る確率は除いてあります。)

回数 確率
50%
25%
12.5%
6.25%
3.125%
1.56%
0.78%
0.39%
0.195%
10 0.097%
11 0.048%
12 0.024%
13 0.012%

この表からもわかるとおり、10連続で同じ色が出る確率はかなり低いですね。確率的には1000回に1度あるかないかです。13回連続というのは8192回に1度の確率です。

BETのタイミングを見極めろ!!

マーチンゲール法の問題点と同じ色が連続で出る確率を理解した上で、ぼくたちプレーヤーにできることは一つしかありませんね。

それはBETのタイミングをずらすことです。
ぼくは3回連続で同じ色が出るまで待って、4回目で逆の色にBETします。

3回連続で赤が出れば、4回目は黒にBETするわけです。そうすればカジノ側がマーチンゲール法対策としている、マックスBET以内の金額で最高12回までなら外せるということになります。

どうです?簡単でしょ?

連続中の「0」は無視!

3回連続で同じ色が出て、4回目からBETを始めた後に「0」が出やがった時は無視しましょう。
それはどうしようもないですので、BETを始めたら確率を信じて突き進んで下さい。

注意点

最も注意すべき点が凡ミスです。黒にBETすべきところを間違えて赤にBETしてしまったり、BETする金額を間違えてしまうこと。これが一番してはいけないことです。

あとは自分で決めたルールに従って淡々とBETを繰り返すだけです。
やっていればわかると思いますがこの方法はチート的な部分があります笑
証券投資で言うところのバリュー手法のようなものでしょうか?

過去記事はこちら資産を9兆円にするための株式投資法ルールシリーズ

でもやっぱり

2時間くらいプレイしてコツコツと50ドルを稼いだんですけど(時給25ドル!)こんなことするくらいなら、やっぱりプレイする側ではなくてゲームを提供する側になりたいなぁって思いました。

 

いいね!してFacebookで
お知らせを受け取る

 - オーストラリア-ワーキングホリデー, カジノ【CASINO】, メルボルン【Melbourne】