世界のどこにいても好きな本が読めるKindle

      2016/05/08


みなさんおはこんばんにちは。現代の二宮金次郎こと活字ジャンキーの僕です。

世界のどこにいてもしたくなるのが読書。そんな活字ジャンキーのあなたにオススメの電子書籍リーダーがKindle(キンドル)です。

Kindleはあなたの生活を豊かにします

KindleはオンラインショップのAmazon.com(アマゾン)で販売されている電子書籍リーダーです。
kindle-paperwhite_0035-1500x1000

オンラインショップのAmazon.comはもともとオンライン書店でした。創業者のジェフ・ベゾスがヘッジファンドに在籍していた時に、インターネットの利用が急増していることを知り、「これは金になる!グヘヘ」と思いついたのがAmazon.comの始まりです。

活字ジャンキーのベゾスくん、気づいてしまいました。「世界中の人がより簡単に読書をできるようになれば、世界は今まで以上により良くなる」ことに。だから最初は書籍だけを扱ったオンライン書店だったんでしょうね、きっと。

Kindleのメリット

「紙の書籍の方が良い」なんて方がいらっしゃいますが、そういう人に限ってKindleを試してないことが多い。Kindleがどれだけ素晴らしいかとくとご覧あれ!

その① Kindle1台に数千冊の本を

これすごいっしょ?Kindle1台に自分の好きな本を数千冊も保存しておけるんです。活字ジャンキーの人にはわかる悩みの1つ、置く場所、とか引越しの時、ていう問題を一瞬で解決してしまいます。そしてクラウドには容量無制限で書籍コレクションを保存できる!これってすごいことですよ!
数千冊の本を自分のポケットに入れておけるなんて幸せすぎますよね?まさにドラちゃんのポケット!

その② とにかく軽い!

Kindleくんの重量はなんと200グラムちょい。iPhone6Plusが192gなのでそれよりももう少し、というくらいですね。その中に数千冊の本がコレクションされているんですからこれはすごい。ベゾスくんありがとう。
もちろん仰向けになって寝転びながらkindleくんを持っていても苦になりません。紙の書籍だとちょっと手が疲れるけどKindleくんだとそんなことがありません。

その③ 目に優しい

Eインクっていう技術を使っているのでiPadとかスマートフォンみたいにバックライトで画面がギラギラしていない。紙の書籍みたいな画面に仕上がっております。だから何時間見ていても目が疲れない。ありがとうニック・シェリドン!
もちろんKindleくんの重量が軽すぎるから何時間でも手に持っていられるわけで、だから読書に集中できる。そして目に優しい。

その④ 辞書とかWikipediaと連携してる

そう、我らがWikipedia先生と連携しているんです。だから読書中にわからない言葉があった時はその言葉をタップしてWikipedia先生に聞いちゃいましょう。もちろん辞書にも連携しています。辞書と連携しているから「この言葉意味わかんない、もうこの本読むのやーめた」とかわからない言葉を飛ばして読むことがなくなるんです。
いちいち辞書を引っ張り出してきて調べる必要がないから何時間でも読書に集中できるんです。

 そしてなんと英語の単語にも対応しています!

その⑤ 60秒で好きな書籍をダウンロードできる

世界のどこにいてもWi-FiさえあればAmazonで書籍を購入してダウンロードできちゃいます。そしてPCやスマートフォンを使わなくてもKindle様をAmazonにつないで直接書籍を購入できちゃいます。本を読み終わった後の参考文献のページにある書籍リストって気になりますよね?一昔前ならそれをメモって本屋に行って、という手間をかけていたのがKindle様のおかげで無くなりました。もう好きなだけダウンロードしちゃってください。

その⑥ 1回の充電で数週間使用できる

1回4時間の充電さえしておけば、数週間充電無しでいけちゃいます。もし万が一あなたが砂漠で遭難した時、あなたはKindle様に感謝するでしょう。「ありがとうKindle様、あなたのおかげで死ぬ前に活字ジャンキーの夢、砂漠で死ぬまで読書を叶えることができました」てね。ここまでくるともうネ申ですねネ申。

これはもう買わない理由が見つからない。

Kindleのデメリット

Kindle様とはいえデメリットも存在します。

その① 防水じゃない

お風呂でワイン片手に読書ができません。できないことないけど水ぽちゃしたらKindle様死亡です。

その② 充電されてないと使えない

これはもう電子機器の弱点ですね。砂漠でKindle様の充電が尽きるか、あなたの命が尽きるかの競争になります。

その③ さj92w0shファオ0が

すいません。かれこれ30分ほどデメリットを考えたのですが、Kindle様ジャンキーの僕にはもうデメリットが思い浮かびません。たぶん人それぞれここが不満だなーなんてところはあるのでしょうが、それはあなたがKindle様を使ってみて勝手に考えてください。僕には思い浮かびません。

僕が自信を持って言えるのは「Kindle様を購入してみて後悔したら1発殴らせてあげる」ということです。

Kindle様まとめ

数千冊の書籍をあなたのポケットに。
200gのKindle様を片手に最高の読書ライフ。
Eインク仕様で目が疲れない。
文中の言葉は連携している辞書とかWikipedia先生ですぐ検索できる。もちろん英単語もね。
Wi-Fiさえあれば世界中どこでも60秒で書籍をダウンロード。
1回の充電で数週間使用可能。

いいね!してFacebookで
お知らせを受け取る

 - Kindle, オーストラリア-ワーキングホリデー, 読書